プログラムprogramme

プログラム概要outline of programme

本学のプログラムは、授業は週末に日本語で行われ、課題論文は英語で提出するブレンド授業方式を採用。国内授業の「PGDプログラム」修了後、遠隔オンライン授業+論文作成の「MBA top-upプログラム」修了することで、英国国立アングリア・ラスキン大学MBA学位が取得できます。

プログラム科目

 

MBA プログラム科目内容

 ・Manage Team Performance to Support Strategy
 ・Information Management and Strategic Decision Taking
 ・Leading a Strategic Management Project
 ・Strategic Direction
 ・Strategic Planning
 ・Development as a Strategic Manager
 ・Finance for Managers
 ・Strategic Marketing

上記8科目を8ヵ月(1ヵ月1科目)で学習します。各科目ごとにアサイメントが設定されており、全アサイメントを作成して採点をパスすればPGD修了となります。

プログラムの流れprogramme flow

STEP1PGDプログラム

PGD(大学院経営管理学科目課程 : Postgraduate Diploma in Strategic Management and Leadership)プログラムは日本の教室、週末土曜日月3回、日本語で授業が行われます。8科目の授業を8ヶ月間で受講し、修了となります。PGDの講師は、現在のMBAスクールにありがちなアカデミック偏重はできるだけ避けるようにすべてビジネス経験豊富な現役のプロフェッショナルで構成されてます。

課題は英語で提出するように求められていますが、本学では、英語論文のためのサポートを英語論文対策講習で行っております。また、MBA top-upプログラムに移行する際に、英語能力スコアの提出をする必要がありませんので、英語能力による足切は行なわれません。

STEP2MBA top-upプログラム(オンラインプログラム)

PGD修了後(修了書の取得後)、学生はアングリア・ラスキン大学のMBA学位を取得するためのオンラインプログラム(英語)の課程に入っていただくことが可能になります(申請時期は2月、6月、9月のひとつき前迄)。オンラインプログラムでは論文を作成しパスしていただくことが必要です。

論文(英語)を提出し、合格することで、アングリア・ラスキン大学のMBA学位が取得できます。期間は論文提出まででの9ヶ月間が目安となります。

論文についてabout thesis

学生は、自身の志望するビジネス分野やビジネススポンサーの目的に合ったトピックを選択し、
戦略的な視点から事業の研究プロジェクトを構築していただきます。論文の作成にあたってはアングリアラスキン大学のチューターに遠隔指導を仰ぐことが可能です。
また論文作成にあたっては、ジャパンセンターでも勉強会を実施し、フォローいたします。

教員紹介Faculty information

柴田 健一 
日本生命国際投資部にて外国証券への投資業務に関わった後、米国留学、米国系ベンチャーキャピタルを経て、2001年に株式会社ベンチャーリパブリックを共同創業。Eコマース、オンライントラベルの分野で資金調達、事業統合、IPO、会社分割、M&A、事業売却など様々なコーポレートイベントを経て、現在はオンライン旅行事業をメインの事業として展開。

学歴:
東京外国語大学 外国語学部卒業
Harvard Business School修了 修士(MBA)
筑波大学ビジネス科学研究科 博士後期課程修了 博士(経営学)

川瀬 英司 
「松下電器(現、パナソニック)に入社、産業用部品やファクトリー・オートメーション・システムの海外営業を経験し、中国やアジア・中近東市場の事業開発を担当し、パナソニック・ファクトリーオートメーション・オブ・アメリカ社長、パナソニック・ファクトリー・オートメーション・ヨーロッパ社長を歴任。海外市場での事業立ち上げと事業再生の経験が豊富で、現在は、経営コンサルタントとして、起業支援、新規事業開発、事業再生やトップ・マネジメント育成の分野で活躍している。

学歴 : 立命館大学 理工学部、電気工学科卒業
英国国立ウェールズ大学 MBA

小野裕介 
ロンドン大学卒業後野村総合研究所を経て三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に入社。 主に東証上場企業向けにアジア・アメリカ市場参入コンサルティングに従事。 その後、外資系戦略コンサルティングファーム、A.T.カーニーにて上場企業に対するマーケティング、 新規事業コンサルティングのプロジェクトに参画。
東証2部上場企業の出版子会社の取締役副社長を経て、2013年に株式会社iaを設立、代表取締役社長に就任。

現在バイリンガル保育園を運営する株式会社ハートフォーレ代表取締役、 香港市場に上場する株式会社ダイナムホールディングスのアドバイザーを兼任

学歴 : MSc in Finance, London School of Economics (LSE) ,University of London
【執筆】
日本はこうなる2005」共著、株式会社UFJ総合研究所、
「MBAマネジメント」「MBAマーケティング」、共著、総合法令出版
「マッキンゼーからうまれた世界最強の戦略思考」、共同翻訳、総合法令出版
「トマ・ピケティ「21世紀の資本」から導きだされた研究結果報告」DVD監修、メディアリンクス

Lakshman Hazra 
欧州系エンジニアリング会社で、自動車、鉄道関連のビジネス開発を経験。

学歴 : インド工科大学工学修士
千葉大工学博士

山田 英司 

株式会社日本総合研究所 理事

大手建設会社の勤務を経て、2001年より日本総合研究所に所属。現在、株式会社日本総合研究所 総合研究部門ディレクター。インフラ産業を中心として、経営戦略、グローバル・グループ経営、M&Aおよび事業再生の各領域における情報発信活動とコンサルティング活動を実施。一方で、複数の技術移転ベンチャー企業のスタートアップアドバイザーやCFO、監査役を歴任。現在に至る。 主な研究論文・著書・共著等 : 『デューデリジェンス実践入門』2013/9 日本実業出版社『グループ経営力を高める本社マネジメント(監修)』2010/3 中央経済社『資金調達完璧マニュアル(共著)』2008/10 すばる舎リンケージ『企業買収マネジメントの実務 』2011/4~2012/1 東洋経済新報社 THINK!連載『新興国におけるインフラ市場での「勝ち組」を目指して』 Business & Economic Review 2010/12『経済成長を実現させるグローバル戦略の方向性』Business & Economic Review 2010/6経済誌、専門業界誌への寄稿多数。

学歴 :  早稲田大学法学部卒業
    英国国立ウェールズ大学 MBA(MBA with Distinction)
    Eu Business School DBA (経営管理学博士)

 

山中 英嗣
外資系コンサルティングファーム(インターン、ロンドン)、国内大手通信会社などを経て、London Business School内の新規事業に参画後、2001年世界の主要ビジネススクール同窓生ネットワーク"Global Workplace" (40万人、日本人約2万人)を母体とするマネジメントリソース会社 「グローバルタスクフォース株式会社(GTF)」を設立、代表取締役に就任。

執筆・監修 : 『ハーバード・ビジネススクール"クリステンセン教授"「イノベーションのジレンマ」入門』『クリティカルシンキングの教科書』(PHP研究所)、『ポーター教授『競争の戦略』入門』『通勤大学MBA』シリーズ(以上、総合法令出版)、『トップMBAの必読文献』(東洋経済新報社)など

学歴 : 1996年Manchester Business School(UK) MBAプログラム入学後、リサーチプロジェクトに参画1998年1月MPhil取得(University of Manchester Institute for Development Policy & Management)2006年より関西大学大学院商学研究科の非常勤講師を兼務

矢野 雄彦コーポレートファイナンス
2019よりバークレイズの投資銀行部門の会長およびバークレイズ証券の副会長 
2006年ドイツ銀行グループの日本法人ドイツ証券株式会社入社 現在投資銀行統括部 共同責任者 マネージングディレクター
1995年より欧州復興開発銀行(ロンドン)バンキング部門、メリルリンチ日本証券、リーマンブラザーズ証券会社、ドイツ証券株式会社にて通信・メディア・テクノロジーセクターのM&A、資金調達、事業再編、企業再生等の投資銀行業務を20年に渡り一貫して担当。

学歴 : 青山学院大学 国際政治経済学部 卒業
フランス国立エコール・ポンゼ・ショセ高等大学院 MBA修了