イギリスとアメリカのMBAの違い

イギリスとアメリカのMBAの違い2019年12月16日

概して言えば、論文必須はイギリスで米国はリサーチペーパーでしょうか。勿論米国のMBAで論文必須の学校もありでしょう。
米国は学派によって理論中心であったり、ケース中心であったり発言などのパフォーマンスを重視して評価するところが多いのではないでしょうか?。課題の提出もレポート的になる傾向もあるでしょう。しかし、ビジネス管理職レベルでは、文章に落とす内容は矢張り論理的で合理的な文章を作らないと様になりません。レポート程度では幾ら言葉がペラペラ上手でも。
その点は、英国の大学は英国高等教育品質機構(QAA)により教育評価を受け行動規範を指導されていて全校ほぼ教育が一定してブレがない。そして課題であろうと小論文形式で書かせるトレーニングを行う。よって論文作成にも大きく役立つ。最終論文でしっかりとした研究を文章に落とす事でサイエンティックな力がつく。