Yahoo News にインタビュー記事が掲載されました。

Yahoo News にインタビュー記事が掲載されました。2019年12月4日

取る前に知りたい!「稼げるMBA」「稼げないMBA」の違いとは?と題してYahoo NewsにExeJapan Business School ディレクターの喜多と、MBAを取得した卒業生のインタビュー記事が掲載されました。

掲載記事はこちらから >>

 

 

Yahoo Newsに掲載されている弊校のMBA取得インタビュー①

 

白川仁美さん(仮名)

医師という多忙を極める日々の中で、実際に国内でMBAを取得された30代後半の白川さんにお話をお伺いしてみました。

クリニックの開設によってマネジメントや経営に向き合うことになり、MBAの取得までされた理由とは――

―ご経歴を教えてください。

医科大学を卒業後、国立病院の医療センターにて初期研修をはじめ各種研修を行い、2012年にクリニックを開設し、院長として勤務。現在は都内のクリニックにて勤務しています。

―チャレンジしたMBAはどんなものですか?
スイスのEuropean University Business School(EU Business School) のMaster of Business Administrationコースです。

―MBA取得の動機・理由を教えてください。

私は、医師9年目に院長として新規分院を立ち上げることになり、同時に法人の理事にも就任したことをきっかけとして、自らのクリニックの運営や法人全体の経営に係わるようになりました。

しかし、医師の卒前・卒後教育において、マネジメントや経営に関して学ぶ機会はほとんど無く、突然管理者サイドに就くことになった多くの若手医師同様、手探りの日々でした。

院長業務に限っては、スタッフにも支えられ、手探りでも何とか回せましたが、親ほど歳の離れた男性理事で構成される理事会では全く存在意義を示せずにいました…。

そこで、単なる経験則に依るのでは無く、学術的根拠をもって、より論理的にマネジメントを行えるようになりたいという思いから入学を決意しました。

―MBAの勉強を始めて得られたことはどんなことでしょうか?
下記の3つの点がMBAを学んだことによって得られた利点でした。

----------
1. 思考様式の多面的な訓練が臨床スキルのブレイクスルーを引き起こすこと
2. 個人、人材、組織のマネジメント・リーダーシップの力を鍛えること
3. 異分野の人脈形成
----------

特に、人脈形成については、MBAコースでは様々な職種・世代の人々と人的交流が図ることができました。

そして、多様な価値観を持つ人々とのディスカッションやグループワークは自身の成長に繋がり、その関係性は卒業後の現在も継続しておりこれからの人生のうえでも大きな財産となりました。

また、MBAで学んだマネジメントによって業務面における改善があらわれ、結果として収入が1.5倍となりました。

――MBA取得には多大なお金や時間がかかります。せっかく取得するのなら、「稼げるMBA」を取りたいもの。本稿がその一助になればと思います。

なお、より詳しい情報を知りたい方に、詳細なデータやMBA取得者のインタビューをこちらに掲載しています。合わせてご覧いただければ幸いです。

掲載記事はこちらから >>